上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 



イタリアF3A界のドン、セバスチャーノ・シルベストーリが全霊を傾けてデザインした110クラス電動スタント専用機。2Mクラスとまったく遜色のないとパワーと張り付いたような安定感でFAI P-09を完全にこなす純競技機です。付属パーツや機体細部にまでこだわりエキスパートもうならせる設計と仕上がりになっています。検定会や各種競技会でエキスパートフライヤーにも安心して使ってもらえます。

●標準サイズのハイトルクデジタルサーボ。(JR DS8401,Futaba S9155など)

●主翼左右2分割(カーボンパイプで接合)

●水平尾翼も左右2分割(カーボンパイプで接合)ハイトルクミニサーボが左右それぞれに埋め込まれます。

●付属品:ランディングギア、タイヤ、スパッツ、テールギアアッセン、アルミバックプレート付バランス済みスピンナー、ボールリンク・リンケージセット、ワイヤーリンケージセット、塗装済みキャノピー、モーターマウント、カナライザー、ウイングレットなど一式。

●マニュアルは現在イタリア本社で製作中。それまで小林のブログをご覧ください。

●推奨パワーユニット:
◇Hacker A50-16L
◇Hacker MASTER BASIC 90 OPTO
◇APC 18X10E
◇Flight Power EVOLITE 4S1P 14.8V4270mAh X 2

Specification:
スパン 1740mm
全長 1800mm
翼面積 58dm2
全備重量 4000-4200g(バッテリー込み)
プロポ(別売) 6ch 5サーボ(3デジタルサーボ+2デジタルミニサーボ)
パワーユニット(別売) Hacker A50-16L,90AクラスOPTOアンプ、Li-Po8セル4000-4500ミリ前後、APC18X10Eなど
付属品 グラスホーン、ボールリンク、ワイヤーリンケージセット、タイヤ、スパッツ、モーターマウント等一式付属。
カバーリング ドイツORACOVER社純正フィルム使用

スポンサーサイト
この記事のURL | 2008.10.06(Mon)12:03 | RC飛行機(電動) | 



●第一次世界大戦の花形戦闘機、アルバトロスD. V(ディー・ファイブ)。エルロン練習機を飛ばすことができるフライヤーなら風のない日を選べば飛ばすことができると思います。上主翼に上反角(翼端で5㎜ほど上げる)をつけるとさらに飛ばしやすくなります。

●エルロン、エレベータ、ラダーそしてスピコンの4ch仕様です。 エルロン、エレベータ、ラダーのリンケージロッド、ホーンなどはすでに装着済みなので製作は合計10時間程度で終了します。なおサーボはすべて6-8gでトルク600-800g程度のサブマイクロサーボです。




●基本的なパワーユニットは、AXI2204/54 と2セル800ミリのLi-Po,APC8X6SF,12A程度のブラシレスアンプです。

●重心位置は下主翼の底面にすでに印(くぼみ)がつけられていますので、それに従ってください。

●デカールは適当な大きさに台紙ごと切り出し水に漬けます。10秒ほどで剥離してきますので台紙ごと張る位置に置きます。台紙をそっと抜き出し、デカールの位置を微調整します。位置が確定したらティッシュなどで押さえながら水を押し出します。きれいに乾燥したらハガレ防止のためにトップコートを吹き付けておいてください。1日たてばたとえ触ってもデカールは全くはがれなくなります。

★取説は全て英語ですが番号とイラストによりわかりやすくなっています。



Specification:
スパン 700㎜
全長 580㎜
翼面積 13.5dm2
全備重量 最大250g
プロポ(別売) 4ch3サブマイクサーボ+1ESC
パワーユニット(別売) AXI2204/54, APC 8X6SF,JETI ECO12,FP EVOLITE 7.4V800

この記事のURL | 2008.10.06(Mon)12:09 | RC飛行機(電動) | 
 | HOME | 
 
目次
ラジコンショップ
最近の記事
月別アーカイブ
ブログランキング
RSSフィード
リンク
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
まとめ テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。